2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3日目で・・・

☆週刊☆シーズーイチロー!奇跡の軌跡
3日目で・・・
20060418232921.jpg





札幌はようやく春!!

と、思いきやまた吹雪で冬に逆戻りです。

愛犬家の皆様、いかがお過ごしでしょうか?





音関連のサイトでは仕事半分、遊び半分として無茶苦茶にマニア道を
ひたすら突っ走っておりますが
こちらは、いたってまじめに展開して参ります。

さて、今回はしつけと虐待について少しお話をして参ります。

イチローは9歳で我が家にやってきた(連れてきたのですが)のですが
2006年5月3日で10歳を迎えます。

実は正確な誕生日はわからないのです。
昨年の5月3日に来たのでこの日を誕生日としたのです。

過激な発言のようですが
前の飼い主というのは、このイチローを6歳の時に
現在、ホテルとトリミング中心のペットショップに預けられ
その後、放置されたのです。

つまり、捨て犬です。

幸い店主、スタッフの方たちによる店内での保護により
人間不信に陥ることは免れたようです。

ここには同じ境遇のヒマラヤンもいます。

ここの小さなお店は、随時お客様が大勢いらっしゃいます。
店内での放し飼いの2匹は犬猫と人の来客の度お出迎えしておりました。

そのため人見知りや人間不信にならないで済んだのです。

以前の飼い主をよく知るたくさんの方たちからのお話による
状態は次の通りでした。

散歩を滅多にしない。

夜の仕事だったので
仕事へ行くときマンションの狭い玄関部分に閉じ込めておく。

万年おむつをしたままで
おちんちんが切れるまで放置

吼えてうるさいので、同居人が持ち上げて床に叩きつける。


他にも色々ありすぎて、さっと思い出しただけで
これだけです。

実は、我が家へ来てから滅多に吼えません。

ご近所の方がお見えになって、うれしくなり感極まったとき
ワンワンと尻尾がちぎれんばかりに振り出迎えるときくらいで
自分の意思で吼えることはありません。

こちらがワンワンと催促するとワンワン♪と答える程度で
一切無駄吠えはしません。

以前預かったシーズーもそうでしたが
無駄吠えをしないのはシーズーの特徴の一つでもあるようです。

その反面、頑固な所もありますし、我慢強い所もあります。


以前の飼い主の言い分としては

吠えてうるさい。

おしっこを撒き散らす。

と、ありましたが
2日目までもちろんマーキングの癖がありましたが
はっきり「ここは駄目っ!!」と教えると
3日目からは散歩へ行くまで我慢し続けるまでになりました。

吠えてうるさいわけがありません。

シーズーは、もともと静かな無駄なことはしない犬種なのですから。


犬の世界にはYESとNOの中間はありません。
日本人特有の曖昧な状態や位置がないことは周知の事実でもあります。

犬がそばにいると
オオカミの血をひいていると感じるときがあります。
wolf
◆WolfNetworkJapanホームページ◆哲学的なカテゴリですよ♪


知識として、わかってはいても中々かわいい仕草やウルウルした目で
見つめられるとつい、忘れがちになります。

誰が一番偉いのか?自分の位はどこか?をはっきり短期間で
教えることが一番なのですが、中々難しいとよくお話をされます。

オオカミの群れの中の位を位置づけるときの習性を
利用すると効果的なのですが、飼い主さんの普段の接し方により
しつけが終わった後で、また駄目になってしまう場合も
よくありました。

簡単で効果的な方法の一部として

背後からおすわり状態のまま乗るポーズをとる

遊びの中で口を手で押さえる

大型犬の場合は力でねじ伏せるちと強引な手もありますが
ほとんどの場合、先の2つの方法で立場の位置づけが
完了しました。

現在、お隣のボルゾイは7~8ヶ月程度ですが
力任せに、庭を乗り越えて挨拶に来るのですがこの場合も
2つの方法できちんと言うことを聞きます。

たった2つの方法なのですが、このような基本的なしつけを
しないばかりに、体の大小を問わず牙をむき出しに
するにまで至るケースも発生したことがあります。

ここを訪れた愛犬家の方々も、既にこう思っていらっしゃることでしょう。

「以前の飼い主には犬を飼う資格はない」と。


さて、このイチロー
我が家には先住民族がもう一匹おります。

hanamol


おそらく彼女?であるとは思いますが確認する方法や知識は
残念ながらございません。(かなりあとできがつきました)

この小さな体で目の前のイチローなど、まったく目に入らないが
ごとく、思うがまま動き回る名前は安易にモルというのですが
(命名:母)
イチローは畏敬の念をもっているのでしょうか?

近づいてくるとイチローが逃げます。

小さすぎて不気味なのでしょうか?

その真相はまもなく1年たとうとしておりますが
謎のベールに包まれております。

日本アニマル倶楽部
ペットとの安心の毎日を ペット医療共済プリズム 

詳しくはホームページで
animalgif
実額保障の ペット保険 わんこの病気 わんこのけがも
日本アニマル倶楽部プリズム
入会金等は一切必要ございません。
スポンサーサイト

| ペット | 23時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。